2015年1月26日

hideさんについて

私が音楽ライターを始めるきっかけとなったのは、hideさんのおかげです。
それまでほとんど洋楽にしか興味が無かった私に
邦楽の良さを教えてくれたのは彼でした。

私がhideさんのファンになったのは、亡くなってから3ヶ月後とかで
X JAPANファンからすると、とても浅いのですが…(^^;)

hideファンの中ではもうすっかり当たり前のことですが、
彼の死因は自殺とは全く関係ありません。

肩こりが酷かったhideさんは「タオル牽引」という
整骨院でも行われているような治療法を自宅で、
しかも酔った勢いで(笑)ドアノブにタオルをかけて
そのまま気持ちよく寝てしまった…という(笑)

自殺じゃない事は、曲を聴けばハッキリわかる事でもあります。
「ROCKET DIVE」や「ever free」は、カラオケで自分で歌っても
いまだに励まされてしまいますので(笑)

生前、hideさんと親交の深かった某音楽雑誌の編集長が紙面で
亡くなってしまった彼に「バカたれ!」ゆうてましたが、なんか私は
その一言に救われたのをよく覚えています。

なので、良くも悪くもニルヴァーナのカートとは全然違います(笑)

だからこそ今まであまり問題視してなかったのですが、
知らない方のために一応、ふれておきたいと思いました。

そして、音楽の変な「喪失感」は
できることならば、もう全払拭したいです。

« back | next »